--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.28 17:05|育児
小豆ちゃん、明日が100日記念日です。
とってもいい子です。

Kポンはというと・・・
再びややこしい時期に突入したようです。

少し前は、私を置いてジジババ園に遊びに行ってくれたりして、
ちょっと頼もしくなってきたなあと思っていたところなのですが、
今週は何もかも気に入らず雄たけびマン、グズグズマンになっています。
あまりの癇癪持ちに思わず、樋屋奇応丸(ひやきおーがん)を購入。
薬を飲むのがカッコイイと思ってらしく、すすんで飲んでおります。

自分が王様になれるジジババとの接触が減ってるからかもしれません(おばあちゃんが忙しい)。
ちょっと暑くなってきたし、睡眠不足気味なのかもしれません。
いつも目覚めが悪く、朝起きるなり
「外行きたい」
「ご飯食べてから」
「ギャ~~~!!!
という状態で1日がスタートします。

昼寝後も、起きるなり
「外行きたい」
「ご飯の支度してから」
「ギャ~~~!!!
でございます。

私はストレス発散に裁縫したり、音楽聴いたり、近所の子どもとドッジボールをしたり・・・(おかげで筋肉痛)

一番のストレス発散はやっぱり、友達に話を聞いてもらうこと。
身近なママたちにたくさん聞いてもらったりアドバイスをもらうとスッキリします。
本当みんなに感謝感謝です

やっぱり、最近はトイレや、着替え、ご飯なんか、
1人でして欲しいという思いが強すぎたのかな~
無意識のうちに肩に力が入りすぎていたのかも・・・
肩の力を抜いて、ボチボチ行きます

さて、そんなKポンですが、やっとこさ自転車を乗りこなせるようになりました(もちろんコマつき)。
夕方は5時頃から7時頃まで毎日グルグル近所を周回しております。
小豆ちゃんはいつもそれにつき合わされ、蚊にかまれまくりです。携帯用ベープはイマイチ効き目なし!ベビーカーにつけるネットを買わないと・・・

お宮参りの写真↓
20070628170113.jpg



20070628170050.jpg

スポンサーサイト
2007.06.18 11:59|未分類
前回ブログと関連するのですが・・・

皆さんの旦那さんは物を探すの得意ですか?

いつかブレイクした
「話を聞かない男、地図を読めない女」
にもあった気がするのですが、

皆さんの旦那さんて冷蔵庫の中から欲しいものを探すことできますか?

ウチの旦那はできません。
何回教えてもダメ。まあ、私が気まぐれに色んなところに仕舞うという点もありますが・・・

冷蔵庫ならまあ、嫁である私のテリトリーだからまだ分かる。

でも!ウチの旦那は自分で管理している自分の仕事道具でさえ
自分で探し出すことが出来ません。

まず探し方が下手。
「ここにあるはず」と思った場所しか探さない。
びっくりしたのが・・・

下駄箱の下2段分は旦那の仕事道具が収納されているのですが・・・
ある時、メジャーを探していた旦那。「一番下の段にあるはず」と思い込んでいた旦那は一番下の段しか探しません。その上の段にすぐメジャーが置いてあっても、目に入らないのです。不思議すぎる。私には理解できません。

昨日もある道具を探して、「見当たらないから買いに行く」
しかも夜の7時ごろに言い出したんです。

確実にさがせばあるものを「見当たらないから買いに行く」と平然とのたまったからビックリ。私が怒ると「探すより買いに行った方が早い」と言う。

いつも探し物をしてる時に「探すより聞いた方が早い」というのはまだ分かるけど、「買いに行った方が早い」にはさすがにあきれました。

その道具は私が探すと、下駄箱の下から2段目ですぐに発見されました。

私も実は整理整頓能力はゼロに近いけど、整理されてない割りに、
何がどこにあるかはちゃんと把握できてるつもり。
「あそこにないならあそこが怪しい」と予測して探しますよね?
それが出来ない旦那。
これってやっぱり、小さい頃から何でもおばあちゃんにやってもらっていたからではないんかい?と疑ってしまう私なのでした。

ちなみに、旦那は男なのに地図の読解力がありません。
私は女ですが、話を聞きません。ははは♪

↓父の日のプレゼント。教えてくれた隣のMちゃんママサンキュ。

20070618115141.jpg

2007.06.07 16:20|未分類
大抵の男の人はそうなのかも知れませんが、
じいちゃん仕事以外は1人で何もできません。

自分ちのクーラーのつけ方も未だ知りません。
考えたり覚える意思がありません。
分からないことはすぐ人に聞く。
聞くから覚えない。吸収しない。だから何度でも同じことを聞く。

しかもおばあちゃんが超お世話好き。
おじいちゃんが大好きで何でもお世話してあげたいのか、
飲み込みの悪いじいちゃんに教えるのが面倒くさいのか、
何でも「私がやったる」とやってあげる。

ある日、いつものようにスーパーで弁当を買ってランチにしようとしていた時、
じいちゃんが、
「弁当のあけ方分からんわ」(何でやねん!小学生でも出来るわい)
ばあちゃんが、
「貸してみ、あけたるわ」
ついつい言ってしまった私。
「お母さんがそうやって、何でもお世話しちゃうからあかんねん。自分のことは自分で考えてしな、いつまでたってもできへんで」

一同「ははは~」と笑う。

そんなことを言ったのも忘れてた私。
で、つい先日、じいちゃんがコンビニのオニギリを食べようとし、
そのフィルムの開封に苦戦していた。
すると横からばあちゃんが、
「貸してみ、あけたるわ」
するとじいちゃんが・・・
「ああ!せっかく、昨日覚えて、一人でしようとしてんのじゃ、邪魔せんとってくれ!!!」
と激怒。そう、周りが凍りつくくらい激怒したのであります。

私思わず大爆笑。
じいちゃん、あの時の私の一言に傷ついたのかしら?
でもちょっと嬉しかったりして。

ブログのタイトルにもある「ジジババ育て」
ができたお話でした。



05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Jun

Author:Jun
フリーでデザイン業をしています。
仕事も遊びも楽しんでます!
7才息子と5才娘の成長記録も綴ります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。