--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.27 09:46|育児
先週、小豆が4日間高熱を出しました。
単なる風邪だったんですが・・・

熱が下がると突然ハイハイを始めました!!
それも超ヘンなハイハイ

左足は普通に膝をつけてハイハイ・・・
右足は、横に開いて立膝して、伸ばして・・・という
昆虫のような、カエルのような・・・あまりお行儀よくない感じで
千と千尋の神隠しに出てくる、巨大化したカオナシが千を追いかけているようなカッコ。
スピードは遅いですが・・・
これってなんか足に問題があるのかな?10ヶ月検診で聞いてみよう。

しかも後追いも始まり・・・
リビングのドアの前で泣いて待つ姿が多くなりました。
いつもジワジワ追ってくるので、
Kと「小豆怪獣がきた~~~!」
と逃げて遊んでいます

そんな小豆にジジババちゃんはメロメロ。
先月ばあちゃんが転職して以来、
週に1回程度しか来ないので
見るたびに成長してるのでびっくりの様子。
小豆にイヂワルするKにちょっぴり怒りさえ感じるようです。

ハイハイが始まったその日から、夜もよく寝てくれるように
でもジジババちゃんが来た日はよく起きるのはナゼ

歯の方も、先週から上の歯が4本覗いてきました。
小豆の世界が一気に広がりました
スポンサーサイト
2007.12.19 17:52|育児
先週の金曜日、近くのフィットネスクラブの「フィットクラブ」という体操教室の無料体験をしてきました。

外ではすぐ逃亡するくせに、何かにつけて私にベッタリのK
幼稚園の検定でも泣くし、かけっこでも私を離れて一人で走れなかった。
病院嫌いもマシになったものの、2回目のインフルエンザでは号泣。

本人の中では「また泣いてしまった」という悔しさがあるらしい。
なら「泣かずに頑張った」という自信をつけてくれたらなあ・・・

旦那もKに何か一つでも特技を伸ばし自信をつけさせたいと思っていた。
で、スイミングなど見学に行ったものの、「お母さんと一緒ちゃうから嫌」と拒否。
ヤマハのリトミックも体験したけど拒否。
なら体操ならどうか。「フィットクラブ」なら3歳になったら始められる。

で、まず見学に行ったら、その内容はKの好きそうなことばかり。
リトミックや器械体操ではなく、なわとびや、フラフープ、バランスボールを使ったり、
でんぐり返しやジャンプをして1時間思いっきり体を動かすというもの。
これは脈ありと無料体験を申し込む。
でもあえなく「お母さんと一緒じゃなきゃ嫌」と家を出ることもしなかった。

これは作戦失敗。次の週、近所のお友達Iくんを誘って行ってみると・・・
着替えを済ませると、親二人に見向きもせず、コーチについてスタジオに入ってしまった!!
エアロビをするスタジオで、親たちはガラス越しに見学できる。
始めに何やら一人ずつ立って自己紹介をしてる様子。
ああ、泣いてこっちにダッシュしてくるのではないかとハラハラしていた私の予想を裏切り、
遠目でも分かるくらい大きな口をあけて名前を言っているではないか!!!
おお、いつもモジモジしてるKが嘘のよう・・・

まずは準備体操。飛行機みたいに両手を広げてスタジオを走り回る。
二人の表情は硬いけど、次第に笑顔に
次のストレッチでもコーチの真似をして頑張っている。
3~6歳児共通のクラスなので、チビ二人が頑張る姿がとても頼もしい。

続いて、マット、フラフープ、ボールなどを組み合わせたコースを
時計回りに何周もまわる。ある程度したら新しいコースを作って・・・という流れ。
このあたりから3歳児二人は暴走。たいていマットの前で順番待ちになるんだけど、
1度も並ぶことなく、毎回1番前に順番抜かし
Kが抜かすと、Iくんも後ろに続く。
Kが脱走すると、Iくんも脱走

脱走といっても、ちょっと集中力が切れて探検に行ってみる感じで
泣いて逃げるのではない。ちょっと一息入れたらまた輪に戻ってくれる。

最後は幼稚園の運動会などでよくみかけるバルーン。
二人は大きな笑顔で楽しんでいました。

私的にもこのフィットクラブはなかなかよかった。
ヤマハのリトミックは親も一緒だし、気恥ずかしくて、なんだかこっちがわざとらしくなってしまうけど、フィットクラブのコーチは「一緒に遊ぼうぜ~!」みたいなノリ。

Kも「お母さんと一緒じゃなくてもできてん!」と旦那に報告。1日でも少しは自信がついたかな?
でも続けるには、Kは「友達と一緒がいい」と言う。
Iくんは他に習い事してるし×
同じクラスに近所の女の子が二人通ってるけど6歳だしなあ・・・

しかし、泣きべそKが私から離れて頑張る頼もしい姿が見れて
私もとても嬉しかったで~す!親ばかでごめんなさ~い。




2007.12.03 14:40|育児
去年の11月26日、旦那の誕生日にKがアウトレットモールのブロッサムで迷子になりました。
まだ小豆がお腹にいて、私は必死でKを探し、親切なおばさんのおかげで無事Kは見つかりました。そして二度と迷子にはすまいと誓ったのでした。

あれから1年・・・・

私は、すっかりKの逃走に慣れっこになってしまっていました。
スーパーでは・・・
私の元を離れとっとこどこかへ消え、何かしら持って戻ってくる。
練り製品売り場でかまぼこの陳列に没頭してる(並べなおしてる)。
お菓子売り場でガムの陳列に没頭している。
私は「K~!!K~!!」と叫びながら買物をする。
私が探すのが面白いのか、わざと見つからないように逃げたりもする。

でも時間にしたら5分と消えていない。Kの方から私を探して見つからないと気づくと半泣きの大声で「お母さ~~~ん!」と呼ぶ。
そんな日常に慣れっこになってしまっていました。

そして昨日。Kの3歳の誕生日4日前。プレゼントを買いに近くのイオンモールへ。朝から何かを予感して私は久々にKの首に迷子札をかけて出かけた。

そして案の定トイザラスにてKを見失う。
「Kおらんな、ちゃんと見とけよ
「おらんな~」
怒りモードの旦那に比べ、慣れっこの私は余裕をかましていた。
すぐに付近を捜査。1分と目を離してないからそう遠くへはいけまい。
近くのKが好きそうなおもちゃの見本を次々探すけどいない。
トイザラスを1周、2周、名前を叫びながら探してもいない。
ここでトイザラスのスタッフに迷子アナウンスを依頼。
さらにトイザラスを1周、2周。
スタッフにイオンモール全体の放送を依頼するが、
1階のインフォメーションまで行ってくれと言う。
4階のKのお気に入りスポットを覗きつつ1階へ
全体の放送がかかるが、なおいない。
あちこちで「おかあさ~ん」と叫ぶ声がきこえるけどKじゃない。

「どうしよう、どの店探そうか」
旦那はトイザラスのインフォメーションに待機してもらい、いつも立ち寄るヴィレッジヴァンガードに行ってみることにする。
その前にトイザラスの向かいの本屋の絵本コーナーを覗く。
「K~!K~!」
「は~い!」

返事が聞こえるがKの姿はない。空耳?よその子?
もう一度叫ぶ。
「K~!」
「は~い」

いつも行く絵本売り場の奥、私は足を踏み入れたことのないスペースに、半円状の小さな机と椅子が4~5脚、
子供たちが座ってLaQというパズルをしている。
その端から二番目、私の姿を探すこともなくパズルに熱中しているKがいた!!!

あ~~神様ありがとう。

半泣き状態の私をそっちのけで
「まだ遊ぶ~」
と抵抗するKを小豆のベビーカーに縛りつけ、
トイザラスでプレゼントを買い、ラッピングもせずにさっさと帰ってきたのでした。

そして驚くべきことがもう一つ。
帰りの車で、逃走中のことを色々尋問していると、
「楽しかった~。本屋のおっちゃんが、遊ぶ場所教えてくれてん」
などとのたまっている。そして、
「オレ、ちょっと梅干食べるわ」
と、トレーナーのポケットから駄菓子のカリカリ梅を取り出した
見ていると、よっちゃんイカみたいな駄菓子も出てくる!!

そうです。Kは逃走直後、トイザラスの駄菓子売り場で駄菓子をポケットに詰め込んだ後、本屋へ向ったようでした。

アカンタレのお母さんベッタリっ子のくせにこういう時はなぜ逃走するのか。
見つかって本当によかった。また慣れっこにならないよう、日頃のスーパーでもしっかり監視することを誓った私でした。

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Jun

Author:Jun
フリーでデザイン業をしています。
仕事も遊びも楽しんでます!
7才息子と5才娘の成長記録も綴ります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。