スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の立地のメリット・デメリット

2009.06.26 14:34|未分類
前にも書きましたが、
我が家は70軒以上の住宅地の入り口付近にありまして。
近所にはKの同級生がい~っぱい。

なんといっても濃密な近所付き合いがメリット。

①Kが幼稚園の忘れ物をしても家の前で張り込んでおけば、通園中のクラスメイトが通り、
忘れ物を届けてくれる。私が再び行かなくても済む。

②雨の日などの送迎で、車を出してくれる人がいたりしてKだけ便乗させてもらえる。
幼稚園バスと呼んでいる。

③ちょっとの用事の間、いつでも誰かが子守をしてくれる。Kが一人で公園に出ても安心。

④とにかく遊び相手に困らない。

⑤野菜などたくさん分けてもらえる。

などなど。

実は今日もKの送迎は、近所のパパが。
家を出ようとした瞬間、そのパパが行きも帰りも通りかかり、
遠慮なくお願いすることに。
そしてお礼にビールとラムネ。ははは~

今感じる唯一のデメリットは・・・

多すぎる子ども!
いつも家の前にはトラップが。

Kは今習い事を2つしています。
スイミングとピアノ。
いつも幼稚園の帰りに直接行って、買物などして帰ってきます。
自転車で家につく直前に、
「今日はお母さん疲れたから、公園は勘弁してな」
と言い聞かせててもだめ。

そう、家の前でKの友達が遊んでいることが非常にしばしば。
Kも小豆も、見事に罠にひっかかり、家へ入ることなく公園へという展開に。
まあ、誰かに子守りを頼んで、晩御飯の支度などは出来るのですが。

家の中にいて、今日は外に出たくない、引きこもりたいという時も、
容赦なくKの友達が「遊ぼ~」とやってくる。
家からみんなの遊んでるのが簡単に見えるし聞こえてしまう。
とにかく、子どもにとっては誘惑の多い場所なのであります。

今日も、帰ると家の前で子ども達が我が家の植え込みの土を掘って
ダンゴムシを探してました。


といっても結局メリットが上回り、
近所の方にお世話になってばかりの我が家なのであります。

みんないつもありがとう。
スポンサーサイト

コメント

いーやーん!

それって大変な時もあると思うけど、めっちゃうらやまし~!そういうご近所付き合いはこっちにはあんまりないかも。まぁのんびりしたい日もあるやろうけど、メリットの方がでっかいわぁ。でもそれもこれもKポンははの人柄ゆえにだと思うよぉ~!

ご近所

公園が見えるのはいいですね。
うちは、駐車場が前にあって、空いてるところでひとつ上の子と遊んでいます。
同級生は、隣近所にはいなく、少し離れたところにいます。
まだ一人で行っておいでとは言えない距離。
駐車場は、よその車にキズつけるのが怖くて、見張ってないと不安です。
小さいときは、疲れるまで外遊びしてほしい。
でも、たまには家にこもりたいよね

実家の濃密な隣組の付き合いから離れて長い私には、ちょっと辛いかも?

けど、メリットも多いんだよねぇ

ひかる。
ひかるも、子どもたちを預けられる仲間がいていい感じやん。今なんて梅雨真っただ中やから、夕方外に出なくていいから超楽ちん。毎日夕方に雨ごいしようかな。

まゆごんさん。
確かに、外で遊ばなかった日は寝るのが遅いです。
子どもが人の家の植木や車、傷つけてトラブル・・・
も少しはあるようです。
ご実家の濃密な隣組。。。どんなかな???

コミュニティ

いいですねぇ。私もそういう暮らしが理想。窮屈に思うこともあるかもしれないけど、何かの時に頼る相手がいるのは子育て中にはとてもありがたい。
マンションにうつる前には、多少そういう雰囲気があったので尚更今はそう思います。

たまかかさん。
今日も昨日も、私設バス(?)運行していただいてます
(笑)。マンションはやっぱり雰囲気違うんですかね。マンションにしろ、戸建にしろ、子どものおかげで近所とのコミュニケーションがあります。本当子は宝ですよね!
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Jun

Author:Jun
フリーでデザイン業をしています。
仕事も遊びも楽しんでます!
7才息子と5才娘の成長記録も綴ります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。